あなたの声が聞きたくて

 29, 2009 21:49
   電話

        まだあったよ
        毎晩通った電話ボックス

        頬は氷のように
        冷たくなったけど
        寒さなんて感じなかった

        一分でも一秒でも早く
        あなたの声が聞きたくて
        かじかむ手で
        番号を押し続ける

        祈る気持ちで
        受話器を握り締めた

        今夜もわたしの心は
        あなたの傍へ飛んでいける

        最後の硬貨が落ちるまで
        話し続けたしあわせな夜



fc_20071014132834.gif
 ブログランキングに参加しています。
 お気に召しましたら、ポチッとお願いします。
rank1.gif

にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
誰もが携帯電話を持つようになった今では、すぐにでも連絡が取れるように
なったけれど、いつでも大好きな人の声が聞けるとは限りません。

そんなときは、余計にさみしが募ります。
いつまでも鳴らない携帯電話を見つめて時を過ごしたり・・・
そんな自分がもどかしくて涙したり・・・

小銭を沢山握り締めて、通った公衆電話が懐かしくなります。
ドキドキしながら、呼び出し音が鳴るのを聞いて、硬貨が落ちた瞬間のときめ
きは、今でも忘れる事ができません。



スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?